ロタウイルス胃腸炎予防ワクチン (2018.01更新)

ロタウイルス胃腸炎は、感染力が強く5歳までにほとんどのお子さんが経験するといわれています。激しい下痢や嘔吐によって脱水を起こしやすく、けいれんがみられることもあるため、重症化しやすい乳幼児の胃腸炎です。

ワクチンでこういった重症化を防ぐことが可能となりました。

接種時期は生後6週から可能ですが、生後2ヶ月の予防接種と一緒に始めるのがおすすめです。24週の間で原則として、1回目は生後14週6日までの接種が推奨されています。

接種時期

シロップ状の飲む生ワクチンです。当院では2回接種のロタリックスで行っています。生ワクチンですので、他のワクチンは4週間以上あけてください。ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチン・四種混合ワクチンなどの他のワクチンとの同時接種をおすすめします。(2回目の接種は、1回目の接種から4週間以上あけます)。 接種スケジュールについてはご相談ください。3回接種のロタックスをご希望の方はご相談ください。

接種費用は1回14,500円になります。